Make your own free website on Tripod.com
| English | Japanese |

GREETING FROM RUSSIA

before my visiting to Japan
& after my returning from Japan

Vladimir Zuev
Graphic artist
Nizhny Tagil, Russia
http://www.vladimirzuev.com/

First of all let me to express my great gratitude to all artists of PRINTSAURUS for the given possibility to participate in the project LIVING FACES IN JAPAN 2001+1.
I thank you very much!
I remember my visiting of Krakow Print Triennial 1994. For the first time in my life I have seen so much and really fine works.
I have tested a shock! And first of all I have tested a shock from works of the Japanese graphic artists.
When I have returned to my town, I have told my friends: "Japanese have won all! Great formats, an excellent paper, fantastic techniques, a lot of various plastic ideas, extraordinary freedom of execution and magnificent skill! "
I am not only the artist, a lot of years I teach at Art Faculty in provincial Russian town of Nizhny Tagil in the centre of Russia.
My students have no a possibility to travel for economic and other reasons, therefore, every time when I come back from a foreign trip, I share with them new knowledge and impressions.
This visit of Japan is my first step to the East.
I am sure I shall receive new experience and unforgettable impressions from stay in this wonderful country, from dialogue with people, from the great and oldest Japanese culture.
I wish PRINTSAURUS success and prosperity!
Thank you very much again!

July 2002
 

20 days has passed after my returning from Japan, and I can tell, that it is trip there was the most unforgettable.
I would like to transfer the admiration and to tell words of gratitude to all founders of the project "Living Faces in Japan 2001+1" for a high level of the organization of this action.
Allow to express special gratitude to the president of the International Print Exchange Association in Japan "PRINTSAURUS" Hiroaki Miyayama.
The exposition of engravings in a fine museum of city of Suzaka was magnificent.
That Yuriko Miyoshi has presented public of each artist was remarkable, and each artist might tell some words too.
Thus, opening ceremony has turned to a meeting of friends with very warm atmosphere.
This atmosphere accompanied also with conference next day.
Demonstration of printed techniques, made by the invited artists and discussion on problems of art in countries - participants - all this is so necessary for those who makes art, who studies it and who admires it.
And, of course, not only official actions have left in my memory the warmest memoirs, but also short travel on Japan, its landscape, a nature, deep national traditions, dialogues with people and other most different sides of life of your wonderful country.
Thank once again for the given opportunity to participate in your project.

August 2002


ロシアからの御挨拶

日本へ出発する前に
そして日本から戻ってきて

ウラヂミール・ズエフ
版画家
ニジィニタギル、ロシア

「 LIVING FACES IN JAPAN 2001+1」企画に私を参加させていただきましたプリントザウルスの皆様、心から感謝いたしたく存じます。本当にありがとうございます。

1994年に行われたクラコウ国際版画トリエンナーレ展に訪れた時のことが思い出されてきます。その展覧会で私は生まれて始めて、あんなに多くの、すばらしい作品の数々を見ることができました。(作品を見た時、)本当に衝撃的な驚きを感じたのですが、特に日本のグラフィクアート作家の方々の作品に感銘を受けました。
自分の住む町に戻ってきて私は自分の友人に次のように話しました。「日本の作品は、なにもかもすばらしかった。その作品の構成、紙質、技術はすばらしく、そして多様で創造力のあるアイデアに溢れていた。作風は自由で、すばらしい技術にあふれていた。」

私は、自分自身の芸術活動をするだけではなく、長年ロシアの中心地区Nizhny Tagil郊外にある美術学校で教師として教えています。 私の教え子は経済的な理由などから、旅行をすることができません。ですから、私は外国から戻るといつも自分の生徒に旅行で得た芸術作品に関する新しい知識や自分が受けたそれらの印象について話をします。

今回の旅は、私にとって始めての東側の国を訪れる経験です。このすばらしい国において、日本の方々と交流を深め、そして日本のすばらしい、もっとも古い作品の数々も拝見することによって、きっと忘れられないような感銘を受け、自分自身新たな経験をすることができると思っております。

プリントザウルスの皆様によろしくお伝えください。

2002年7月
 

私が日本からロシアに戻ってから、もう20日が過ぎました。
それは最も忘れがたい旅行であったと、私は言う事ができます。
ハイレベルな「Living faces in Japan 2001+1」のプロジェクトの主催者、企画者、後援者等関係者すべての方々に賞賛と感謝の意を表したいと思います。
特に国際版画交流協会「PRINTSAURUS」に感謝申し上げます。

素晴らしい須坂市の美術館でおこなわれた展示は壮大なものでした。
ギャラリートークにて、一般の方々のために、三好百合子氏からそれぞれの作家の紹介が行われ、さらに出席していた作家は、直接作品についていくつかの言葉を述べることができました。
このように、オープニングセレモニーは、非常に暖かい雰囲気を持った、親しみのあるMEETINGに変わりました。
次の日の会議も、同じように良い雰囲気で開催されました。
招聘作家により版画技術のデモンストレーション、そして芸術の問題に関するディスカッションが行われました。
これらの主題は、それぞれの国々(参加者)の芸術をつくる者にとっての(共通の)問題であり、それを研究し、賞賛しうるに必要な内容のものでした。
もちろん、こうした公的なプログラムは、私の記憶の中に最も暖かいメモリーとして残っただけでなく、また、日本国内での短い旅行、その景観、自然、深い日本の伝統、人々との対話、あなたの素晴らしい国の生活において、さらに違う部分も見る事が出来ました。

あなたのプロジェクトに参加する機会を与えられたことを、もう一度感謝します。

2002年8月